新製品の情報等を発信します

RS

RS 切替パーツ

rs.gif

「軟硬両用」という新しい選択肢

従来型のコアーパックチューブではマサ・粘土などの軟質土を採取する場合に、シューを先行させながら

掘進して行く"軟岩用"と、岩盤などの棒状になるコアを、ダイヤモンドビットを使用して掘削し、

挿入したコアをコアリフターを用いて切る"硬岩用"の2種類に分類されていました。

しかし、現在の調査ボーリングにおいては、地層状態も悪く、非常にシビアなコア採取を

要求されるケースが多くなり、上記2種類だけでは、コア採取が難しい状況があります。

一般的に自然な状態でのコア採取が「難しい」とされる地層の多くは、

土砂と岩が混在しているケースが多く、このような地層においても、従来では

"軟岩用"か"硬岩用"という選択肢しかありませんでしたが、RSでは、従来の"軟岩用"と"硬岩用"の

相違点である先端部の特性を集約し、「水の流れ」を制御することで、

全く新しい「軟硬両用」という選択肢が追加されました。

newimage1.gif


reRS.gif

外管と内管は非接触

スイベル式ダブルコアチューブの基本概念である「内管は静止状態」を保つためには、

アウター側とインナー側はフリーな状態(非接触)で無ければなりません。

RSは、新シールド構造(PAT.P)により、アウター側とインナー側を接触させずに、

コア浸入部へ掘削水が流れ込むのを防いでいます。

硬岩用でも軟岩用でもありません

RSは従来型の "硬岩用" でも "軟岩用" でもありません。

写真① のように、軟質土と岩の両方を一度の掘進で採取することが可能です。 

従来型ではA部分を "軟岩用" で、B部分を "硬岩用" でという具合に、

2種類のコアーパックチューブを交互に使う必要がありました。

RSでは、コアリフターを使用して岩盤を切る必要が有るか?無いか?の選択を行うだけです。

また、ビットについても対象になる地層にあわせて

メタルクラウン」と「ダイヤモンドビット」の2種類が選択可能です。
rs2.gif

RS4.gif

ビットバリエーション



a:1098 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional